ペットフードの保存方法

ささみジャーキー_1s.jpg<ささみジャーキー_1s>

賞味期限内であれば問題無く食べてくれる仔もいれば、開封後1ヶ月もしないうちに食べなくなる仔もいます。
賞味期限切れでも平気で食べる仔もいます。
一度真空にした場合の食べ方の違いに気付かれたお客様も多いと思います。

「1s量り売り」の真空リパック・アルミ袋・脱酸素剤入りの説明
※ 夏季、梅雨時、長期保存に・・・一度でも真空にしますと、好気性の細菌は死滅します。右矢印1 嗜好性も向上します。
※ 食品の大敵「酸素」を遮断することにより、酸化と腐食、水分の発散を防ぎ長期間鮮度が保てます。
※ 仮に脱酸素剤無しで空気を通さない袋でリパックしますと、フードの水分が循環して劣化が早く進みます。
よく見てください、ほとんどのペットフードは、真空で販売されていません。
フードは全て、空気を通す袋に詰められているため、毎日酸化が進んでいます。
開封してもしなくても、酸化の速度はほとんど変わりません。
開封後1カ月以内にご使用ください」・・・は、虫の発生や混入、水が入っての劣化の問題などで、後からのクレームを防ぐメーカーの戦略です。
※ ドライフードは水分を約10%含んでいます。仮に乾燥材を入れてリパックしますと水分量が変わって栄養分が変化します。
タッパーや、ジップロック等に入れて常温保存しますと、水分が密閉された状態で循環し、劣化が早く進みます。この方法が最悪です。

お客様ご自身で真空にする方法
続きを読む