獣医食の成分分析

<2019/05/28>
NEWS 7.png
アメリカ合衆国コロラド州デンバーの成分分析専門研究所 ELLIPSE ANALYTICS は、4つの獣医食ブランドの125種類の処方ペットフードをテストしました。
「処方食」「治療用」「獣医食」と呼ばれるペットフードです。
===================================
Ellipse Analyticsは分析化学実験及び応用科学ソリューションプロバイダーです。
ISO / IEC 17025:2005で、範囲L2441に記載されている特定の試験に対する分析試験の認定を受けています。「ISO / IEC 17025:2005 とは」で検索してください。
===================================
◆ ヒルズ サイエンス ダイエット 獣医食
◆ ロイヤル カナン 獣医食
◆ ブルーバッファロー 獣医食
◆ ピュリナ プロプラン 獣医食

続きを読む

【雑談】ペットの食費の浮かし方

<2019/05/26>
quora-ロゴ.jpg
2017年末から始まった実名制Q&Aサイト「Quora 日本語版」多くの人が疑問に感じ役立つ質問を投稿すると、パートナープログラムへの招待メールが来ます。
(私の場合は、回答は少々、質問は今日現在3つしかしていないのに招待が来ました)
招待を受け、規約に沿った質問をすると報酬が支払われます
1か月で$1,000.00(10万円強)を超える報酬を獲得されている方もいらっしゃいます。
Quora上での知人で、実際に毎月10万円以上の報酬を獲得している人を知っています。
その人はベルテのお客様です。
興味がありましたら読み進めてください。

続きを読む
タグ:情報 雑談 Q&A

◆真空パック一箱の最大個数変更のお知らせ◆

<2019/05/20>
真空パック最大個数変更.png
去年の運送業各社の運賃一斉値上げ後、交渉を継続してきました。
ドライバーや支店の従業員が変わるたびに運賃加算も変わるため、現在も継続中です。
アメリカ国内の原材料価格の上昇に伴う仕入れ価格の上昇や、梱包資材、船賃等の輸送コストの上昇もできる限り吸収してきましたが、荷物の重さに加え、体積による加算運賃の吸収ができなくなりました。
今回<1s真空パック>1袋当たりの単品の値上げ予定はありませんが、大きな箱での発送ができなくなり、今後順次最大個数の変更をさせていただきます。
この対応により、運賃の変更は一旦回避できました。

税関の成分検査の結果を待ちながら、販売開始を少しずつ始めた新商品「ビクター」の2種類は、50ポンド=22.68sの販売も予定していましたが、運賃の問題で運送会社の発送を断念し、解決策が見つかるまでは店頭販売限定とさせていただく予定です。

アメリカ第2位のペットショップチェーン店「ペトコ」の人工添加物排除の今後の展開を見据えて、メーカー各社が一斉にリニューアルをしています。
ペットフードの成分改良に伴う体積の変化により、今後も入数の変更はあるかもしれませんが、なにとぞご理解賜りますようお願い申し上げます。

おやつなどのフードとの1箱梱包など、個別のご要望に関してはその都度対応可能な場合もあります。
お電話でお問い合わせください。

犬に与えても良い野菜と果物

<19/05/11>
053efe445ac4f4e6cb949f4bea4d659f_m.jpg
【訂正】週3回以上野菜を与えてください ・・・の関連で、連続複数のお客様からお問い合わせいただきました。
3月に、野菜と果物に関する最新の情報が書かれている<カレン・ベーカー博士>のメールマガジン届いていましたので、参考までに、お知らせします。
(今回急を要するため、Google翻訳のコピーペーストです。後日時間が取れましたら、修正します。)

【要注意】前提条件有ります。
無農薬、無添加の野菜と果物限定です。
必ず少量から、様子を見ながらお願いします。
タマネギは絶対与えてはいけない野菜ですが、ぶどう/レーズンも犬にとって安全ではない食品の例です。記載されていない野菜は心配でしたら、お問い合わせください。
出典先にも書かれていますが、ご紹介する野菜フルーツは、グルテン・ラクトースフリーの<ザワークラウト>などの発酵野菜の次に良い食品としての位置づけです。

続きを読む