ベルテの日記<失敗しないペットフード選び > > 助教授日記 > 燻蒸処理について・・・ <2014/7/2>

燻蒸処理について・・・ <2014/7/2>

「ベルテのペットフードは、燻蒸処理されていますか?」?( ・◇・)?
・・・・というご質問いただきました。
このご質問は昔から時々いただきますが、今回お電話いただいて非常に勉強になりました。
答えは、「続きを読む」をクリックしてください。(´・ω・`)店長

「燻蒸処理しておりません。一度もそんなことされたことがありません。」(´・ω・`)店長
「どこへ聞いてもそう言いますが本当でしょうか」?( ・◇・)?
・・・などと、お話ししていまして、証明する方法をフッと気が付きました。
去年末ぐらいから法改正のため、農水省とのやり取りで非常に苦労しまして・・・
ココへ聞いてもらえば証明できると気が付きました。

> 農林水産省 消費・安全局 畜水産安全管理課 薬事監視指導班
> 100-8950東京都千代田区霞が関1−2−1
> TEL:03-3502-8111
※ ベルテの名前を出していただいてもかまいません。
※ 担当者は、毎年のように変わります。
※ ただし、農林水産省様から苦情が入りましたら、このブログ消します。

フードが載せてあるパレットは、10数年前に改正された法律により、防虫処理が施されたパレットを使用しております。
これで、この件に関しましては一安心できました。
ご質問ありがとうございました・・・(´・ω・`)店長

ネットなどに出回っているウソは、他にもいっぱいありまして・・・たとえば・・・

船で輸入すると赤道を通るからダメ??( ・◇・)?
(´・ω・`)店長・・・北半球から北半球に持ってくる荷物が何で赤道通るの?(ベルテは南半球のフードは取扱いしておりません)
本当に飛行機で輸入してるのでしたら、あるいは「リーファー・コンテナ」を本当に使っ
ているなら荷下ろしを見せてもらって下さい。(ベルテはフルオープンなので見ていた
だくことができます。)

日本は四季があって気温の変化が激しいから・・・?( ・◇・)?
(´・ω・`)店長・・・アメリカは寒さや暑さで人間が死ぬ国です。
【米カリフォルニア州デスバレー、世界最高記録56.7度】
日本とは比べ物にならない過酷な所でも、ペットフード販売されています。

ついでに・・・
◆ フードをふやかしてから与えると歯石が付くし、歯や顎が弱くなるって聞きました
・・・?( ・◇・)?
(´・ω・`)店長・・・全〜部ウソです。
フードを噛むぐらいでは、歯や顎は丈夫になりません。
本来、犬も猫も人間と違って奥歯のように噛み砕く歯は無く、肉を引きちぎって飲み込
むだけです。
フードをお湯か水でふやかしてから与えると、人間が奥歯で噛んだ後のような状態になる
ため下痢が治ることもあります・・・人間で言うと、ビスケットを噛まずに飲み込んでい
るようなもので・・・。
いつもふやかしてからフードを与えていると、老犬でも歯が真っ白な仔がいます。
ただし、条件があって、フードを食べた後に水を飲ませてその水が汚れたらそれこそが
歯石の元で、ふやかしてから与えるとほとんど洗い流されているのですが、ドライのまま
与えると唇と歯茎の構造によっては水を飲んでも粒が引っかかって残っていることがあ
り、それが後から溶けて歯石になって、口臭も発生します。
しかし、ドライが好きな仔とふやかした方が好きな仔がいますので・・・ときどきくち
びるをあげて汚れていないか、フードが引っかかっていないか、見てあげてください。