ベルテの日記<失敗しないペットフード選び > > 助教授日記 > ドッグ_ジャーナルからのメール(アイムス)<2017年6月>

ドッグ_ジャーナルからのメール(アイムス)<2017年6月>

The Whole Dog Journal-170601.png

『ザ・ホール ドッグ ジャーナル(The Whole Dog Journal)』誌から、毎日メールが来ます。
【参照】A【『The Whole Dog Journal』誌の推奨ドッグフード】
記事の概要と購読の勧誘のメールです。

ペットフードはリニューアルすると、どんどん内容が悪くなることがあります。
・・・(´・ω・`)店長と、お話ししたり最近もどこかに書きましたが、昨日深夜に届いたメールにアイムスが、品質が悪くなったと書いてありました。

アイムスのラインナップの中でも日本の代理店は販売していない、最高品質の「アイムス プロアクティブ」の事です。
昔、ベルテも取り扱いしていましたが、名指しで批判しなくてはいけないほどの品質低下のようです。
ロイヤルカナンサイエンス・ダイエットもリニューアルが進んでいるようです。
今までのパッケージ持ってましたら、捨てずにリニューアル後の袋に書いてある原材料と見比べてみると何か発見できるカモ?

++++++++++++++++++++++++++++++
【メールの抜粋と、Yahoo!翻訳】
The label on Alpo Prime Cuts in Gravy Homestyle with Beef makes it look like big pieces of beef covered in gravy. But if this is your dog's dinner, she's getting some of the lowest-quality sources of protein, held together by wheat gluten! Even Iams ProActive Health Chunks is full of by-products that are often linked to all sorts of health problems.

Alpo全盛期のラベルは、牛肉による肉汁Homestyleがそれを肉汁でカバーされる牛肉の大きい部分のように見えさせるとさえぎります。 しかし、これがあなたの犬の夕食であるならば、彼女はタンパク質の最も低く高級な源のいくつかを得ています。そして、小麦グルテンによって一緒に持たれます! 健康が塊にするアイムスProActiveさえ、しばしばいろいろな健康問題との関連がある副産物でいっぱいです。
タグ:原材料