ベルテの日記<失敗しないペットフード選び > > 助教授日記 > 「骨抜き鶏肉、チキン、チキンミート、チキンミール」の追記

「骨抜き鶏肉、チキン、チキンミート、チキンミール」の追記

spay-neuter-clinic.jpg
骨抜き鶏肉と、チキンと、チキンミートと、チキンミール<17/09/09>の【追記】です。

「新鮮鶏肉」も、70〜80%水分を含んだ、ペットフード(水分約10%)に加工される前の名称です。
最初は全ての肉は新鮮です。(わざわざ新鮮と記載すること自体疑問です)
その名称は、危険な副産物を含んでいる、あるいは副産物だけでも「新鮮鶏肉」です。
(参考−ブルーバッファロー裁判からわかる事

例えば鶏肉副産物を使用している場合は「Chicken by-products(チキン バイプロダクト)」ですが、日本語の記載を「新鮮鶏肉」と書いても罰せられません。
(参考−【品番400-ATS_オリジナル】原材料の説明

その肉は、ブロイラー? ブラジル、中国産? ・・・の、どの部分?
知られたくない原材料を使用している場合は記載されていません。
「丸鶏」は副産物も含まれます)
悪い原材料を使用していない場合のみ、セールスポイントとして記載されています。
良いことが書かれていない場合は、悪い原材料を使用している可能性が高いので要注意
このようなことが、重金属などの産業汚染物質の残留にも繋がります。
日本の代理店ではなく、製造元のウェブサイトで Google日本語翻訳などで確認してください。
(参考−キャネディー農場の説明12ブランド 重金属汚染etc.ランキング
【追記の追記】 「チキンミール」は副産物ではありません <18/08/27>