ベルテの日記<失敗しないペットフード選び > > 助教授日記 > 【訂正】週3回以上野菜を与えてください

【訂正】週3回以上野菜を与えてください

2019/04/26 追記しました
===================================
<2019/03/28>
Scottish Terrier -Silhouette-04.JPG

全犬種、特にスコティッシュテリア、ウェストハイランドホワイトテリア、シェットランドシープドッグ、ビーグル犬、ワイヤーヘアフォックステリアのお客様。
できれば、週3回以上野菜を与えてください。

ダックスフント「膀胱内移行上皮がん」で闘病中のお客様とお話しをしました。

nouka_family.png
今まで野菜を犬に食べさせてもよいかどうかのお問い合わせには・・・

「無農薬の野菜でしたら与えても構いませんが、肉食動物の消化器なので、あまり栄養にならないと思います。農薬の悪影響のほうが大きいと思います。」・・・と、話し始め最近は、文末に書いた、過去記事のこともお話ししていました。

今回、はじめて聞いた、膀胱内移行上皮がんをネットで調べていましたら、AKC(アメリカンケネルクラブ)健康財団のウェブサイトで「スコティッシュテリアに関する研究の1つは、週に少なくとも3回野菜を食べた犬が移行上皮癌(TCC)を発症するリスクが70%減少したことを示しました。」との記述を見つけました。
高い確率で、病気が予防できそうです。

【出典/英文】AKC Canine Health Foundation
Transitional Cell Carcinoma: Once Considered Incurable, Now Highly Treatable <08/02/2010>

ダックスフントのお客様は人間のお医者さんで、「野菜は特にブロッコリーの茎の部分(ふさふさのところじゃない)に栄養分が多く、(人間も)がん抑制効果もあるので、与えています。移行上皮がんは(人間も)遺伝的要因が大きいので何とも言えないのですが、少なくとも農薬などの使用されていないキャベツの芯(太いところはダメ・毒素あります)、大根、じゃがいも(芽がでているものはダメ・毒素あります)・パセリは庭に植えています(笑)人参も・・・」と、教えていただきました。

AKCのサイトには治療の事も書いてありますが、同じように・・・
TCCを発症するリスクが最も高い犬は、遺伝的にがんにかかりやすく、芝生用化学物質殺虫剤などの有害な環境要因にさらされている犬です。とのこと。

量や野菜の種類の記述はありませんが、すりつぶすorピラーで薄くすれば、少量でも多く栄養を吸収することができると思います。
種類によっては、冷凍保存も可能です。
こちら様のウェブサイトも参考にしてください 右矢印1 冷凍ブルーベリーで栄養UP!野菜の3分の2は冷凍した方が栄養価があがる | 美BEAUTE(ビボーテ)
(チェスター大学の論文へのリンクが無いため、真偽のほどは不明です)

安全な野菜が入手できましたらミキサーでペーストにして、本日の犬飯−02 の、骨のスープの氷のように製氷器で氷にして保存も検討してください。

下記の過去記事も参考にしてください。
カット野菜は安全かもしれない <18/11/30>
カボチャの話 <18/10/29>
ブロッコリースプラウトが犬の癌を抑制 <18/10/06>
癌の予防に「ザワークラウト」 <18/09/14>
犬のおやつに「ピーマン」も・・・ <18/08/15>
犬のおやつに「ニンジン」 <18/05/04>
キャネディー農場の説明 <18/07/30>
リンゴ【要注意】しかし例外有り <17/05/17>
屋外で吸い込むかもしれない除草剤に注意 <18/08/12>

こちら様の情報も参考になると思います。
【2018年 最新版】「野菜を洗えば大丈夫」のウソ!あなたが毎日食べている野菜と果物、残留農薬量ワースト10!ランキングとその具体的対策方法 【IN YOU】<2018/09/25>
果物は残留農薬が多いので、与えない方が無難です。特にブドウはそれ自体が犬には有毒です。

【注意】
野菜を多く与えて、フードの摂取量が大幅に減ってしまう場合は、動物性タンパク質カルシュウムの不足が予想されます。
骨付き生肉を与えている場合は良いのですが、それ以外の方法として生卵を殻ごと与えることでフードの品質が向上します。

「卵」の追伸 <2019/01/21> も参照してください。
必ず少量から様子を見ながら与えてください

以下、AKCのGoogle翻訳のコピペ
===================================
移行上皮癌:かつては治療不可能と考えられていたが、現在は治療が非常に可能である 2010/08/02

多くの点で、フランキーは幸運な犬でした。ほんの数年前、フランキーの移行上皮癌(TCC)の診断は死刑判決でした。この最も一般的なタイプの膀胱がんの犬は生存の可能性がゼロでした。この病気の治療法は知られていなかったため、診断されるとすぐに安楽死させられることがよくありました。

TCCは膀胱の内側を覆う細胞から発生します。がんが増殖するにつれて、がんは膀胱壁と筋肉の中に移動します。場合によっては、腫瘍が尿の流れを妨げます。他の人では、癌は結局他の臓器やリンパ節に拡がります。いずれにせよ、予後はひどいものでした。それは最近までです。

幸運にもフランキーや他の犬にとって、時代は変わりつつあります。AKC Canine Health Foundationからの助成金によって支援されている継続的な研究のおかげで、過去10年間でTCCの管理は大きく進歩しました。「間違いなく治療可能な癌だ」と、パーデュー大学獣医学部のパーデュー比較腫瘍学プログラム担当ディレクター、デボラ・ナップ博士は言う。

現在、Knapp氏によると、TCCには2つのかなり標準的な治療法があります。一つは、経口の非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)であるピロキシカムと一緒に、静脈内化学療法薬のミトキサントロンを使用することです。もう1つは、特に犬の飼い主が費用やその他の理由で化学療法を避けたい場合に、ピロキシカムを単独で使用することです。(ピロキシカムの抗がん作用は、痛みを抑えるために他の種類のがんの犬に与えられたときに発見され、場合によってはがんが寛解することもありました。)カルボプラチンやシスプラチンなどの他の化学療法薬も使用されていますピロキシカムとの併用で成功した。しかし、それらはより多くの副作用を引き起こす傾向があるのであまり頻繁に使用されていません。

ナップの臨床試験では、犬はしばしばいくつかの異なる薬を試します。ある薬が効かなくなったら、別の薬が投与されます。現在利用可能ないくつかの異なる治療法で、Knappは「我々が癌の抑制または退行を引き起こす可能性があるのは約75%の可能性がある」と言っている。言い換えれば、がんは安定したままか、縮小します。

フランキーは、パーデューでの臨床試験から恩恵を受けた犬の一人でした。2007年、インディアナ州シラーヴィルのローリーホフマンは、彼女の9歳のスコットランドテリア、フランキーが頻繁かつ緊張した排尿を経験していることに気づいた。これは、尿中の血液とともに、膀胱結石、膀胱炎症、または膀胱感染症などのいくつかの一般的な問題の症状となる可能性がありますが、TCCの徴候である可能性もあります。ホッフマン氏は、「スコットランドのテリアでは膀胱がんの発生率が高いことがわかっていたため、すぐに頭の中で赤い旗が消えた」と述べた。超音波検査でフランキー膀胱に大量の腫瘤が認められ、生検でTCCと診断された。

パーデューでの生検中に、腫瘍のかなりの部分が切除されました。しかしながら、ほとんどのTCCの場合と同様に、腫瘍の位置は完全な切除を不可能にしました。Hoffmanの次のステップは、FrankieがPurdueで臨床試験に参加することでした。そこでFrankieはカテーテルを通して直接彼の膀胱に投与されたマイトマイシンC、治験薬を受け取りました。薬物は1時間膀胱内に留まり、その後カテーテルを通して除去された。

この膀胱内治療法は、集中した量のマイトマイシンCを腫瘍に直接送達し、また静脈内化学療法を伴うことが多い副作用などの副作用のリスクも軽減しました。ホフマン氏によると、実際に、フランキーは全く副作用がありませんでした。「彼は私たちの[1時間半]の乗車中に車の中で眠り、そしてその後大きな食事のために空腹になるだろう!!!」

それはこの治療が危険を冒さないということではない。この研究のFrankieと他の多くの犬は膀胱内治療にうまくいっていましたが、およそ半分の犬が癌の寛解と副作用がほとんどなく、2〜3匹の犬はそれほど幸運ではありませんでした。そのような場合、薬は膀胱に残っていませんでした。その代わりに、それは犬の体中を行き来し、静脈内化学療法から生じうる重篤な毒性反応と同様の副作用を引き起こしました。Knappによると、研究者はどの犬がこのように影響を受けるかわからない。その結果、膀胱内マイトマイシンC療法は研究中のままですが、標準的な治療法に反応しない犬に使用することができます。

フランキーは、10ヶ月間Purdue研究に参加しました。その間、彼は生活の質が良かった。ホフマン氏によると、「フランキーは絶対に素晴らしいことをしていた。腫瘍は成長せず、すべてが安定していたので、彼は完璧だと感じた」。それから事は変わり始めました。フランキーは足に断続的な痛みを感じました。レントゲン写真は何も明らかにしなかった、しかしフランキーが彼が彼の後ろ足を動かすことができなかった点に達するまで問題は悪化した。MRIは、癌がフランキーの背骨まで拡がっていることを発見しました。その時点で、ホフマンは彼女の最愛のスコッティを手放すことにしました。

10ヶ月は長い時間のように思えないかもしれません、しかし、ゼロ日の生存率と比較して、なぜHoffmanが「我々が参加して非常にうれしくて、そしてまたそれを確実にやり直す」と思ったのは簡単です。Knappの研究はTCCの治療に大きな進歩をもたらしました。

そして進歩を見ているのは薬物療法だけではありません。AKC Canine Health Foundationの支援を受けて、KnappとPurdueの研究者はTCCにおけるそれらの役割を決定するために遺伝的要因と環境要因の両方を研究しています。どちらも重要です。

スコットランドテリア、ウェストハイランドホワイトテリア、シェットランドシープドッグ、ビーグル犬およびワイヤーヘアフォックステリアなどの特定の品種は他のものよりも病気を発症する可能性がはるかに高いため、研究者らはTCCで働いている遺伝的要因があると疑う。Knappは、彼らがこの分野で進歩を遂げており、TCCに関連した「実際の遺伝子を見つけることにより近い」と言います。この情報を基に、彼らは治療により敏感になる可能性があるときに、より早期に疾患を発見するための戦略を開発することを期待しています。

環境要因も影響します。Knappによると、TCCを発症するリスクが最も高い犬は、遺伝的にがんにかかりやすく、芝生用化学物質や殺虫剤などの有害な環境要因にさらされている犬です。それとは反対に、研究でも有用な環境要因が特定されています。スコットランドテリアに関するそのような研究の1つは、週に少なくとも3回野菜を食べた犬がTCCを発症するリスクが70%減少したことを示しました。

「私たちはTCCが非常に治療可能で、ほとんどの犬が数ヶ月から1年以上の非常に良い人生を送ることができると考えているところに到達しました。いくつかの幸運な犬を治療する。」そして未来はさらに明るくなります。TCCに関するPurdueの現在の研究で発見された可能性があれば、診断と治療のさらなる改善が見込まれます。

関連助成金
00896-A:膀胱のイヌ移行上皮癌(TC)治療のための膀胱内マイトマイシンC(MMC)の第I相臨床試験および薬物動態
00754A:スコティッシュテリアとウェストハイランドホワイトテリアにおける移行上皮癌の遺伝子マッピング

関連記事
アメリカのジャーマン・シェパード慈善財団とAKC犬の健康財団が犬の血管肉腫研究の取り組みに参加(12/21/2018)
犬の乳腺腫瘍に対する新しい治療法(10/15/2018)
フラットコート・レトリーバー財団とゴールデン・レトリーバー財団が犬の血管肉腫研究にマッチングファンドを追加(09/19/2018)