ペットフードの作り方

<2019/10/10>
7375045592dc6a05da395b4d3da53530_s.jpg
ドライフード、缶詰、手作り・・・
犬、猫フードの作り方に関するメールが来ましたのでご紹介します。
手作り食を与えている方には参考になるかもしれません。
実際に作る場合は勉強、研究が必要だと思います。
人間の食品にも関係しています。
リンク先はすべて英文です。
興味がありましたら読んでください。



ペットフードメーカーは、ソフトウェアを使用してレシピを開発しています。
科学者が特別なキッチンで働いて、ペットフードの全ての栄養素を発見、調合しているような印象を持たれているかもしれませんが、ペットフードのレシピはコンピューターソフトウェアプログラムによって開発されています。
猫と犬には特定の栄養ニーズがあります。
ペットフードはペットにタンパク質を提供する必要があるだけでなく、ペット特有のカルシウムとリンのレベル、比率を提供する必要があります。他の多くの栄養素の特定のレベルも必要です。
「特定の栄養ニーズ」は、AAFCO の資料で最新の定義を知ることができますが有料です。

◆ ペットフードの各食品成分は、異なるレベルの異なる栄養素を提供します。
USDA(アメリカ合衆国農務省)は、誰もが食品成分の栄養レベルを調査できる、Food Data Centralというツールを提供しています。
例として、鶏ひき肉の生

鶏、ひき肉、生.png
USDAのデータから、鶏ひき肉の生100gには、タンパク質が17.44g、カルシウムが6r含まれていることがわかります。
ペットの食事の調理で、栄養レベルのリストを満たす必要がある場合は、ペットフードの各食品成分のすべての栄養レベルを足し合わせます。
各最小値が満たされ、最大値を超えないようにします。
そして、食品成分がどのように調製されるかについての考慮事項があります。
例えば、新鮮な調理済みブロッコリーは、冷凍調理済みブロッコリーと栄養的に異なります。非常に複雑になります。


◆ そして、次にソフトウェアプログラムが登場します。
ペットフード配合ソフトウェアプログラムは、USDA(および飼料グレードの原料のその他のソース)からのデータを使用し、それらを合算して、合計を猫または犬の栄養ニーズと比較します。
Dr. Barbara Royal / Royal Animal HealthUniversity は、ペットオーナー(家庭で調理するペットフード用)および製造業者(商業用ペットフード用)に、食品成分(飼料成分ではない)の使用に特化したソフトウェアプログラムを提供します。

ペットフード配合ソフトウェアプログラム.png

Adifo は、「いつ、どこで、どの価格でどの原材料を購入する必要があるか」をメーカーが正しく分析するのを支援するペットフード調合ソフトウェアを提供しています。

AFOS は、「強力なハイブリッドクラウドフィード製剤ソフトウェアと、動物用飼料製剤の開発、管理、保管、分析、共同作業、交換に役立つダイナミックコスト最適化ツール」と呼ぶ、動物飼料製剤ソフトウェアを栄養士に販売しています。

<店長より>
ソフトウェアプログラムを使用してペットフードを調合することは可能です。
実際、ペットフードのバランスをとるタスクは、潜在的なすべての栄養素(調理済み、生、冷凍、および人間の等級または飼料成分)を算出することができます。
しかし、私のスキルでは実行が不可能なため、特に手作り食を目指しているお客様、実際に調理されたら教えてください。
しかし、原材料の品質サプリメントの出所(国)、重金属、BPA、残留農薬、残留抗生物質、可塑剤、メラミン、アクリルアミド、その他の環境・産業汚染物質により、死亡事故も発生しています。
一番重要な、原材料の吟味はソフトウェアに頼ることはできないと思います。


時々、ペットフードの作り方を聞かれます。
あとはペットフードマシーンがあればとりあえず、作ることはできます。

Pet food making machine.png

<手作り食の参考動画>