ベルテの日記<失敗しないペットフード選び > > 助教授日記 > 犬の肛門腺絞りを回避するために「軟便、下痢」を解消してください

犬の肛門腺絞りを回避するために「軟便、下痢」を解消してください

<2019/11/21>
dog-1872057_1280.jpg
「犬の肛門(腺)絞りとは何ですか?」<Quora : https://qr.ae/T9DnU7
・・・との質問に回答しました。

善意のグルーマー、獣医、さらにはペットの飼い主でさえ、日常的な手での肛門腺絞りで肛門腺に外傷を引き起こす可能性があります。
肛門嚢は繊細で小さな器官であり、つまんだり絞ったりすると簡単に負傷します。
不要な「肛門腺絞り」
は、時間の経過とともに腺の有効性も低下させます。


以下、店長の回答

========================================
「犬の肛門腺の分泌液を出さずに放っておくと、肛門腺が炎症を起こして病気になってしまいます。そうなる前に排出させてあげる必要があるので、月に1回程度絞ってあげましょう」とのことですが・・・
========================================
自然は、排便中にペットの肛門腺が空になるように設計しました。
自然が予定しなかったのは、ほとんどの犬に与えられる市販のペットフードであり、しばしば慢性肛門腺の問題の一因となります。
犬が肛門腺に問題を抱えている場合に最初にすべきことは、すべての穀物を除去し、生物学的に適切な食事に切り替えることです。
犬がうんちをするとき、便が正常な硬さであれば、肛門腺の液体で満たされた管は、それが直腸と肛門を通過するときに糞の圧力で空になります。
これが自然が物事を機能させるように設計した方法ですが、現代のペットはしばしば排便中に肛門腺を圧迫しない緩い便や不規則な排便をします。
市販のペットフードの穀物はアレルギー性で炎症性です。
犬が肛門腺の問題を繰り返している場合、最初にすべきことは食事から全ての穀物を排除することです。
とうもろこし、ジャガイモ、オートミール、小麦、米、または大豆を含む食物の摂取を止めます。
慢性肛門嚢の問題を含む多くの健康上の懸念は、動物が生物学的に適切な食餌を食べると時間とともに自然に解決します。

<出典> How Your Pet's Diet Can Contribute to Anal Gland Problems
============================
ネットの広告によく表示される、84%の獣医師?が推奨する44炭水化物含有量のfoodなど、市販のドッグフードの給餌を止める、減らす、それが無理なら軟便にならないその仔に適したフードを探すことが先決と考えます。
ところが、癌の発症の恐れのある薬品を添加して下痢を防いでいるペットフードも多く、別の病気にり患する可能性もあり、この点も注意が必要です。