フードの水銀と遺伝子検査 <ネバダ大学>

41983095_1871484022972115_649459403740676096_n.png

重金属.png
画像クリック、拡大して見てください

クリーンラベルプロジェクトとは、別のプロジェクトが進行中です。
毎日食べているペットフードの中に毒性の強いメチル水銀の驚くべき量を発見した、アメリカ州立ネバダ大学リノ校が、新たに研究調査中です。
同時に、ラベルの原材料に書かれていない遺伝子も発見し、同時に研究を続けています。
【表記されている肉とは違う動物の遺伝子など】
続きを読む

ペットの解毒(デトックス)

90e7589d70091e9a372ecc82260df7a2_m.jpg
先月、初めてのお電話で教えていただきました。
先代の犬が病気で亡くなり、火葬の際、青白い炎が出て「化学薬品が相当溜まっていましたね」と職員の方から言われたとのこと。
その仔が何を食べていたのか詳しくはお聞きしませんでしたが、最近ブログに書いている内容に、解毒(デトックス)に関することがあり、改めて書きました。

続きを読む

除光液、要注意

26a21e354937e1c56eb8aceccaca67d9_s.jpg
母親がマニキュア落としに使った除光液から有毒物質、同じ部屋で寝ていた2か月男児が中毒 <Yahoo!ニュース 10/6(土) >
【抜粋】「美容専門学校の協力で、除光液の平均使用量を割り出し、閉めきった部屋で揮発させました。すると、座った母親の鼻の高さ(床上70センチ)に比べ、床に寝かせた乳児の鼻の高さ(同10センチ)での濃度は13倍にも達することが判明しました。」
アセトン中毒とのこと。
床上5cmで寝ているかもしれないペットに対しても要注意
【関連】
女性の身近にいる犬や猫は病気になるwww
室内犬・猫は屋外の仔より、病気に罹患する確率が高い
タグ:情報

ブロッコリースプラウトが犬の癌を抑制


【出典】Planet Paws 2018/9/20

ブロッコリースプラウトが犬の癌を抑制するとの研究発表がありました。
NCBI(アメリカ合衆国国立生物工学情報センター)の発表です。
Sulforaphane absorption and histone deacetylase activity following single dosing of broccoli sprout supplement in normal dogs.英文 2018/8/17>

Planet Pawsさんのフェイスブックには「フードにブロッコリーを広げ、追加してください!」と書かれています。
犬の癌の予防に効果がありそうです。
癌の予防に「ザワークラウト」でお知らせしたように、生野菜ではなく、発酵させることでより効果があるかもしれませんが、ブロッコリースプラウトも発酵野菜になるかどうかは不明です。
【追伸 2018/10/9
ブロッコリースプラウトの細胞壁は壊れやすく、犬でも簡単に消化できるので、生のままでも効果があるとのこと。

骨のスープの作り方


https://youtu.be/lI-vo8td7ME
【概要】
◆ 高齢の犬猫への栄養補給。
◆ 病中病後の体力維持と回復。
◆ Dog & Catフードの嗜好性向上。(ふやかすときの水の代わりに)
◆ 内臓の炎症による下痢を止めるための24時間の断食後の最初の食事として。
◆ 免疫システムをサポートして、体に蓄積されたノミとダニの予防薬、薬、抗生物質、ワクチンなどの過剰にたまった有害物質や、重金属、農薬、メラミン、アクリルアミド、その他の環境・産業汚染物質を解毒(デトックス)している肝臓を助けます。
◆ カルシウム、ケイ素、硫黄、マグネシウム、リンなどのミネラルがいっぱいです。
◆ 骨のスープにはグルコサミン、コンドロイチンやヒアルロン酸などの関節保護化合物も含まれています。
◆ 健康な腸を作り、タンパク質の分解を助けてアレルギーを予防します。
◆ スープにはグリシンも含まれており、胆汁酸塩の合成と胃酸分泌の調節をして、消化を助けます。
◆ 健康な時に試しておくことをおススメします。

【注意】
調理済みの骨は絶対与えないでください。
骨のスープはバランスのとれた食事ではなく、栄養補給としてのみ使用してください。

【作り方】は、リンク先と、動画を参照してください。

続きを読む

「ノミとダニの予防・駆除薬」について



「ノミとダニの予防・駆除薬」についてお問い合わせのお客様へ。
お約束通りブログに書きますが、この動画は少し大げさだと思います。
2018年9月21日のFDA(アメリカ食品医薬品局)の注意喚起文書は、英文ですが、下記URLです。
https://www.fda.gov/AnimalVeterinary/ResourcesforYou/AnimalHealthLiteracy/ucm620940.htm
【概要】
● FDAは、イソオキサゾリン類に属する薬剤で治療すると、犬や猫の神経性有害事象の可能性をペット所有者や獣医に警告しています。
● これらの製品は大部分の犬や猫で安全に使用することができますが、獣医師と相談して患者の病歴を確認し、イソオキサゾリンの製品がペットに適しているかどうかを判断する必要があります。
● イソオキサゾリン製品は、犬と猫の発作運動失調筋肉の痙攣など神経症状の副作用を引き起こすことがあります。
● ほとんどのイヌおよびネコは神経学的副作用を有していないが、発作は病歴のない動物でも起こりうる
続きを読む
タグ: 病気 情報 Q&A

癌の予防に「ザワークラウト」

2018/10/06 追記しました。
Kuene Sauerkraut (barrel) 850ml.jpgキューネ ザワークラウト(バレル)850ml<Kuene Sauerkraut (barrel) 850ml>(着色料、防腐剤無添加・グルテンフリー・ラクトースフリー/近所のスーパーで537円で買いました)

ガンアレルギーの予防、免疫力の向上、デトックスのため、会社の犬達にザワークラウト与えています。
(ノラ猫達にも与えたいのですが、食べないので、液だけ少し飲み水に・・・)
「発酵野菜」このスーパーフードは嫌いな仔もいると思いますが、強力な癌の抑制サプリメントです。

【概要】
防腐剤無添加のザワークラウトを洗ってから・・・今はそのまま少量与えていますが、ご自身で作ることも可能です。(冷蔵、冷凍保存中)
◆ 発酵野菜は、犬や猫に最適な消化と強力なプロバイオティクスの利益ももたらします。
◆ 発酵野菜はキレート効果デトックス効果(解毒、浄化)、発酵プロセスは野菜内部の栄養素をより生物学的に利用可能にします。また、発酵によって生成された乳酸菌は、健康な細胞を傷つけることなく癌細胞と戦う化学的リプレッサー(抗がん剤)です。
免疫力を向上させます。そのため、アレルギーの改善も期待できます。
ノミ、寄生虫避けの効果もあります。
◆ 今まで重金属などの環境・産業汚染物質を含むフードを与えていた犬猫の、体内に蓄積している有害物質を少しでもデトックスできましたら幸いです。
【参考】「クリーン ラベル プロジェクト」とは

続きを読む

【情報】テイストオブザワイルド・・・も集団訴訟

テイストオブザワイルド-180903-02.png
TRUTH about pet food.comの記事URL
http://truthaboutpetfood.com/taste-of-the-wild-pet-food-class-action-lawsuit/ <英文>

テイスト オブ ザ ワイルドTaste of the Wild> も 殺虫剤、重金属、農薬、アクリルアミド、ビスフェノールA(BPA)の汚染に関する集団訴訟を提訴されました。
「被告のマーケティングは欺瞞的で、誤りを導き、不公平で、間違いである。なぜなら、汚染ドッグフードには、未公開の重金属、殺虫剤、アクリルアミド、ビスフェノールAを含むからである。・・・・」
オリジン、アカナ、ソリッドゴールドと同じように、「詐欺的かつ過失的な虚偽の表示」を指摘されています。
詳しくは、リンク先を参照してください。

クリーン ラベル プロジェクト のブランド評価は
・・・続きを読む

【情報】ソリッドゴールドも集団訴訟

ソリッドゴールト_集団訴訟.png
クリーンラベルプロジェクト、Facebookに投稿しました。
リンク先TRUTH about pet food.comの記事URL
https://truthaboutpetfood.com/solid-gold-pet-food-class-action-lawsuit/ <英文>
ソリッドゴールドペットフードは、「重金属、化学物質、および毒素」の汚染に関する集団訴訟に直面しています。
ソリッドゴールドペットフードの集団訴訟は、2018年7月下旬にカリフォルニアで提出され、「詐欺的かつ過失的な虚偽の表示」を主張しています。・・・・」
詳しくは、リンク先を参照してください。

「チキンミール」は副産物ではありません

966c169949726d5092b5c8f1fee2ab14_m.jpg
「チキンミール」が副産物かどうかのお問い合わせいただきました。
前回、「骨抜き鶏肉、チキン、チキンミート、チキンミール」の追記
を書きましたが、私の説明だけでは納得できないお客様もお見えだと思います。
そこで、私よりもっと信用していただけると思う、犬の心臓病の予防方法 で対応策を教えていただいた、Dr.カレン・ベーカー氏 の説明を書きます。
心臓病の説明の最後に7/30追記しました、Facebook動画の女性獣医師です。
フェイスブックのフォロワー数、日本で1位の安倍晋三首相は約590,000人。
その2倍以上の1,456,570人(2018/08/27現在)のフォロワー数ドクターです。
この獣医さんが、過去に書いたウェブサイトが・・・
How to Know if the Poultry in Your Pet's Food is Chicken... or Roadkill <英文>

この中の抜粋をそのまま。次に日本語の翻訳文書きました。
AAFCO(米国飼料検査官協会) の「定義」も書いてありますので、参考までに・・・

続きを読む

「骨抜き鶏肉、チキン、チキンミート、チキンミール」の追記

spay-neuter-clinic.jpg
骨抜き鶏肉と、チキンと、チキンミートと、チキンミール<17/09/09>の【追記】です。

「新鮮鶏肉」も、70〜80%水分を含んだ、ペットフード(水分約10%)に加工される前の名称です。
最初は全ての肉は新鮮です。(わざわざ新鮮と記載すること自体疑問です)
その名称は、危険な副産物を含んでいる、あるいは副産物だけでも「新鮮鶏肉」です。
(参考−ブルーバッファロー裁判からわかる事

例えば鶏肉副産物を使用している場合は「Chicken by-products(チキン バイプロダクト)」ですが、日本語の記載を「新鮮鶏肉」と書いても罰せられません。
(参考−【品番400-ATS_オリジナル】原材料の説明

その肉は、ブロイラー? ブラジル、中国産? ・・・の、どの部分?
知られたくない原材料を使用している場合は記載されていません。
「丸鶏」は副産物も含まれます)
悪い原材料を使用していない場合のみ、セールスポイントとして記載されています。
良いことが書かれていない場合は、悪い原材料を使用している可能性が高いので要注意
このようなことが、重金属などの産業汚染物質の残留にも繋がります。
日本の代理店ではなく、製造元のウェブサイトで Google日本語翻訳などで確認してください。
(参考−キャネディー農場の説明12ブランド 重金属汚染etc.ランキング
【追記の追記】 「チキンミール」は副産物ではありません <18/08/27>

【追伸】グルテン詐欺

food_flour_komugiko.png
タンパク質は%より、その「質」が重要です<18/08/21> の補足説明です。
基本的に、グルテンは、小麦、大麦、ライ麦などの小麦のような特定の穀物の搾りカスで、その全部のデンプン質の炭水化物(良いもの)が洗い流されています。
残っているゴム状タンパク質残渣がグルテンです。
グルテンは、植物由来のタンパク質濃縮物で肉の代用品として使われます。
名称を変えている場合もありますが、原材料に「グルテン」を発見したら要注意。
そのフードの動物性タンパク質は、保証分析値のタンパク質%より少なくなります。

グルテンは、犬や猫には栄養学的価値がありません。
グルテンは、食品ラベルに記載されたタンパク質の%数値を高く見せることができます。したがって、悪い企業はしばしばそれらを追加して、フードを実際よりも見栄え良く見せます。
タグ:原材料

炭水化物含有量の計算方法

food_eiyou1_toushitsu.png
100%−タンパク質−脂肪−水分−灰分(記載がない場合は8%)=炭水化物含有量

一例として、ある(Dog & Cat)フードに、26%のタンパク質、14%の脂肪、および10%の水分が含まれているとします。
炭水化物含有量は・・・
100%−26%−14%−10%−8% =42%
この例では 42%が炭水化物含有量(推定値)になります。

ベルテのささみジャーキー(犬・猫兼用)<国産>の場合は、
100g−77.5g(タンパク質)−3.9g(脂肪)−15.2g(水分)−3.4g(灰分)
=0.0g(炭水化物)
になり、炭水化物含有量はゼロです。

続きを読む

タンパク質は%より、その「質」が重要です

213030.jpg
加水分解タンパク質バツ1 植物性タンパク質バツ1 大豆タンパク質バツ1

タンパク質は、動物の革、毛、羽、鶏の嘴のような副産物=非栄養源からでも加水分解によって取り出すことができます。
この、加水分解タンパク質は動物性タンパク質ですが、犬や猫が生命を維持するために必要とする必須アミノ酸が不足しています。
飼育時に散布され表面に付着している薬剤の混入の可能性も高くなります。

もう一つのタンパク質としてグルテンがあります。


続きを読む

犬のおやつに「ピーマン」も・・・

scottish-terrier-puppies-kitchen-portrait-with-peppers.jpg
犬のおやつに「ニンジン」を見て与え始めましたが、2匹のうち1匹は良いのですが、1匹がのどに引っかかって吐き戻します・・・と、ご来店のお客様に教えていただきました。
歯が無い仔かどうか聞き忘れてしまいましが、昔ベルテに、生まれつき食道の形がつぶれた楕円形で、好物を一度に食べるとせき込みながら吐き戻す柴犬がいました。
その仔のことを思い出しながら、ネットで調べものをしていたら、たまたま同じ「アメリカン ケンネルクラブ」のウェブサイトで「犬はピーマンを食べることができますか?」という記事が目に留まりました。


続きを読む

ペットフードの保存方法

ささみジャーキー_1s.jpg<ささみジャーキー_1s>

賞味期限内であれば問題無く食べてくれる仔もいれば、開封後1ヶ月もしないうちに、食べなくなる仔もいます。
賞味期限切れても平気で食べる仔もいます。
一度真空にした場合の食べ方の違いに気付かれたお客様も多いと思います。

「1s量り売り」の真空リパック・アルミ袋・脱酸素剤入りの説明
※ 夏季、梅雨時、長期保存に・・・一度でも真空にしますと、好気性の細菌は死滅します。右矢印1 嗜好性も向上します。
※ 食品の大敵「酸素」を遮断することにより、酸化と腐食、水分の発散を防ぎ長期間鮮度が保てます。
※ 仮に脱酸素剤無しで空気を通さない袋でリパックしますと、フードの水分が循環して劣化が早く進みます。
よく見てください、ほとんどのペットフードは、真空で販売されていません。
フードは全て、空気を通す袋に詰められているため、毎日酸化が進んでいます。
開封してもしなくても、酸化の速度はほとんど変わりません。
開封後1カ月以内にご使用ください」・・・は、虫の混入、水が入っての劣化の問題などで、後からのクレームを防ぐメーカーの戦略です。
※ ドライフードは水分が約10%含まれています。仮に乾燥材を入れてリパックしますと水分量が変わって栄養分が変化します。
タッパーや、ジップロック等に入れて常温保存しますと、水分が密閉された状態で循環し、劣化が早く進みます。この方法が最悪です。

お客様ご自身で真空にする方法
続きを読む

屋外で吸い込むかもしれない除草剤に注意

【USA】除草剤「ラウンドアップ」で末期がんに、米裁判所 モンサントに約320億円の支払い命じる【保守速報】2018年08月12日
地面の近くの鼻や口で、掃除機のように吸い込んでいるペットは特に要注意。
散歩の後、足や顔、体に付着している可能性もあります。
敏感な野良猫たちは、避けて通るようです。

農薬も要注意
農薬使用量-USAの5倍.png
【出典】http://blog.minouche.jp/article/182070223.html
アメリカの5倍の農薬使用してるわけですから・・・いわゆる国産の危険性が年々増大しています。
中国、韓国産よりはマシな程度ですが、アメリカで安全な農作物でも輸入時のポストハーベストで・・・


【関連】
ベルテの草刈り
TPPが完全に批准されたら・・・虫が・・・
ペットフードに混ぜる「手作り食」の注意点
リンゴ【要注意】しかし例外有り

ネットで本当のペット情報を探す方法

ペットフード +重金属 -〇〇ワン -カ〇〇〇.png
「ペットの事を調べていると、必ずと言っていいほど、ある特定のフードに行きついてしまいます。いろいろ調べてベルテさんを見つけてお電話しました。」
・・・涙が出るほどうれしいお電話、最近多くいただきます。
このようなお客様にご紹介している簡単な方法をひとつ書きますので、是非ともお試しください。

続きを読む

原材料の品質と説明

USDA-ロゴマーク.png
原材料の品質についてCANIDAEレジスタードマークの説明 (テキサス移転前+)
アンダー・ザ・サンを含むキャネディー全てのフードは最高品質の食材を使用して作られています。使用している食材は新鮮な肉、家禽、魚、そして栄養的に濃縮された肉、家禽、魚は USDA(アメリカ合衆国農務省)がヒト等級施設で処理された肉を検査したものです。また、ニュージーランドのラムミールやフランス産のアヒルミールのような高品質の食材も使用しています。私たちの高品質の穀類、マメ科植物、野菜、果物は自社の企業農場と人間の等級生産者からのものです。私たちの商品は全て、ペットフードに加工される前に厳しい試験を受け、ペットと私たち人間両方の安全と新鮮さを保証しています。

ベルテが現在販売している【アンダー・ザ・サンを含むキャネディー全般】のキャネディー社の原材料の個々の説明を、ほぼfoodの表記順に日本語で書き直しました。
それぞれのfoodで使用されている原材料はこの中の一部です。
「クリーン ラベル プロジェクト」の検査で分かった環境・産業汚染物質の問題、心臓病の問題、今後の新しい問題との関係は、後日加筆か、新たなブログに書きます
続きを読む